校 歌  作詩:加 藤 裕  作曲:小松平五郎   
          一



五城目高校校章
校章の由来
 昭和23年4月、学校改革を契機に、当時の実科高等女学校から男女共学となったので、女学校の校章を廃止し、職員の合作で現在のものをつくる。
 新制高校生の若さを象徴させるために、大空に巣立つ「若鷲」の溌刺たる雄姿をあらわしたもので、足の力強さは、大地をふんまえて飛びたとうとする(飛躍)姿、また知・情・意を羽の三段で表現するものである。



















 校歌を聴く
 





沿革概要
昭和17年 3月31日 秋田県五城目実科高等女学校設立認可される。
昭和17年 5月 4日 五城目国民学校において開校式が挙行される。

昭和18年 4月 1日 学則変更により秋田県五城目高等女学校と改称される。
   
        女学校時代の校章
昭和19年 1月 1日 校歌制定。作詞・加藤裕氏。作曲・小松平五郎氏。
昭和21年 4月 1日 学則変更により修業年限の5年の1部制と修業年限3年の2部制とを設置する。
昭和23年 4月 1日 学制改革により秋田県五城目高等学校と改称し第1学年男子1学級を収容する。
昭和23年 8月 9日 金足農業高等学校定時制課程五城目分校発足、併置。
昭和24年 9月 9日 秋田県南秋田郡面潟村小池字岡本台69番地に独立校舎落成。
昭和25年 4月 1日 学則変更により普通科、林業科、家庭科の3学科となる。
昭和25年 7月 1日 県に移管され、秋田県立五城目高等学校となると改称される。
昭和27年10月25日 創立10周年記念式典が挙行される。
昭和28年 3月31日 金足農業高校定時制課程五城目分校廃校。
昭和28年 4月 1日 秋田県立五城目高等学校定時制課程が設置され、上井河村、馬場目村、富津内村に分校を置く。
昭和29年 3月31日 定時制課程杉沢分室廃止され、馬場目分校に併合。
昭和32年 9月13日 校旗制定。
昭和35年 4月 1日 定時制課程馬場目分校廃止。中心校に統合。
昭和37年 3月31日 定時制富津内分校廃止。中心校に統合。
昭和38年 4月 1日 定時制課程上井河分校廃止して金足農業高等学校定時制課程井河分校となる
昭和38年 4月 1日 学年進行に従い家政科に改める。
昭和41年11月20日 体育館落成。
昭和46年 3月 5日 五城目高校校舎改築期成同盟会発足。
昭和47年 9月13日 創立30周年記念式典が挙行される。
昭和48年 1月15日 第16回日本学生科学賞3等賞受賞、研究題「森山火成岩類の研究」
昭和49年 1月25日 校訓(真実・克己・規律)が制定される。
昭和49年 4月27日 第13回高松宮杯争奪、東北選抜高校レスリング大会で優勝。
昭和49年 5月 1日 新校舎敷地買収はじまる。
昭和49年 8月 3日 全国高校総合大会(インターハイ)においてレスリング部準優勝。
昭和49年11月20日 第18回日本学生科学賞秋田県優秀賞、秋田県知事賞受賞。
昭和50年 3月11日 県議会において新校舎建築第一期工事分予算が計上される。
昭和50年 5月 2日 第15回高松宮杯争奪、東北選抜高校レスリング大会で優勝。
昭和50年 6月 2日 斎藤憲三顕彰会で金賞受賞、研究題「森山火成岩の研究について」。
昭和51年 5月10日 新校舎パイル打ち開始。
昭和51年10月 菅原弥三郎、モントリオールオリンピックレスリング競技で3位となる。
昭和52年 4月 1日 林業科を募集停止して代わりに普通科を増やす。
昭和52年 8月22日 現校舎、管理棟、教室棟完成移転。
昭和52年12月20日 体育館落成。
昭和53年 8月 9日 工藤正志、プロボクシング世界ジュニアミドル級チャンピオンとなる。
昭和53年 9月 6日 テニスコート三面完成。
昭和54年 1月27日 弓道場完成。
昭和54年 3月31日 林業科閉科。定時制課程閉校。
昭和54年 9月20日 屋外運動場、野球場完成。
昭和54年10月12日 校舎改築落成記念式典挙行。
昭和55年 1月25日 五高会館(セミナーハウス)落成。
昭和56年 5月 1日 体育後援会を部活動後援会に改称。
昭和56年 7月22日 五城目高等学校校舎改築期成同盟会解散、教育振興会設立となる。
昭和56年12月15日 第二体育館完成。
昭和57年10月26日 創立40周年記念式典挙行される。
昭和60年10月15日 格技場落成。
昭和63年 4月 1日 学年進行に従い家政科を生活科学科に改める。
平成 2年 4月31日 ふれあい体験学習 県教育委員会より指定校。
平成 3年 6月 9日 全県高校総体ボート競技(男子ナックルフォア)優勝。
平成 4年10月 2日 創立50周年記念式典挙行される。
平成 5年 3月31日 生活科学科募集停止。
平成 7年 3月31日 生活科学科廃科。
平成 9年 4月 1日 1学年3学級編成となる。
平成 9年 9月 土橋傑、第52回国体カヌー少年男子カヤックシングル400m 第3位入賞。
平成11年 3月11日 環境教育について県教育委員会研究指定校となる。
平成11年 9月12日 土橋傑(大正大学2年)熊本国体成年男子カヤックシングル500m準優勝。
平成11年12月 8日 マルチメディア活用学校間連携推進事業 文部省・郵政省指定校。
平成12年10月 3日 県教育委員会指定 環境教育公開研究。
平成14年10月12日 創立60周年記念式典挙行される。
平成15年 9月14日 第8回国体カヌーに奈良学が出場。
平成15年11月22日 県総合美術展書道部門にて石川未来子が特賞。
平成16年 4月20日 中高生に対する仕事ふれあい活動支援事業 厚生労働省より指定校。
平成16年 4月 7日 朝学習、朝読書開始。
平成16年 4月 9日 1学年習熟度別少人数学習開始。
平成16年 8月 1日 島根インターハイ・ソフトテニスに伊藤智貴・土橋孝充組が出場。
平成16年 8月 6日 第28回全国高校総合文化祭にて石川未来子が文化連盟賞。
平成17年 3月20日 全国高校弓道選抜大会に男子団体が初出場。
平成18年 4月 1日 コース制を3コースに変更。(進学コース、総合ビジネスコース、生活福祉コース)
平成19年 3月27日 高校選抜レスリング大会に原田・小野が出場
平成19年 7月29日 佐賀インターハイにカヌー部小林(男子カナディアンシングル)、伊藤・小林組(男子カナディアンペア)、伊藤・小林、佐藤、鷲谷(男子カナディアンフォア)、伊藤(女子カヤックシングル)出場
平成19年 9月30日 秋田わか杉国体
カヌー部佐藤(男子カナディアンシングル)、伊藤・小林組(男子カナディアンペア)、鷲谷(男子カヤックフォア)、伊藤(女子カヤックペア)出場
レスリング
平成20年 8月 1日 埼玉インターハイ
カヌー部 佐藤(男子カナディアンシングル)、佐藤・鷲谷(男子カナディアンペア)伊藤愛・伊藤夏海(女子カヤックペア)出場
レスリング部 菅生・菊地出場
平成20年4月 新制服に変更
平成20年 9月28日 大分国体にレスリング部 菅生、菊地出場
平成21年 7月28日 近畿インターハイに弓道部 嵯峨が出場
平成21年 8月4日 近畿インターハイにカヌー部 鷲谷(C−1)、鷲谷・石井(C−2)
 伊藤(愛)・伊藤(夏)(WK−2)が出場
平成22年 3月18日 全国高校弓道選抜大会 弓道部 奈良・渡邉 出場
平成22年 7月25日  沖縄インターハイ 弓道部男子団体 出場  8位入賞
平成22年 8月3日  沖縄インターハイ カヌー部  石井(男子カナディアンシングル)出場
平成22年10月1日  千葉国体 カヌー部 石井(スプリントカナディアンシングル500m)出場 9位入賞
平成23年 8月1日  北東北インターハイ レスリング 伊藤 出場
平成24年8月 新潟インターハイ レスリング 一関
            弓道  山田   出場
平成24年10月13日 創立70周年記念式典挙行される。